タイおん

タイおん - ちょっとだけタイが好きになるかもしれないブログ

バンコクナイツのドキュメンタリー「映画 潜行一千里」を見てきた

   

2017年12月16日より新宿K's cinemaにて公開している映像制作集団空族(KUZOKU)の映画「バンコクナイツ」のメイキング・ドキュメンタリー「映画 潜行一千里」を見てきました。

空族の最新作「バンコクナイツ」を見てきた
2017年2月25日より全国順次公開している映像制作集団「空族(KUZOKU)」の最新作「バンコクナイツ」を見てきました。 横浜にある...

上記の投稿の最後にも書いてますが、バンコクナイツのドキュメンタリーが作られると分かったときから楽しみでした。

同時上映で「バンコクナイツ」も公開されていたので、「映画 潜行一千里」を見てから「バンコクナイツ」も見てきました。

「映画 潜行一千里」を見た後だからなのか2回目の「バンコクナイツ」だったからなのかは分かりませんが1回目に見た「バンコクナイツ」よりも今回の方がより楽しめました。

「映画 潜行一千里」

作品解説

映像制作集団「空族」の富田克也監督が手がけ、2017年2月に劇場公開された「バンコクナイツ」の製作過程を追ったメイキングドキュメンタリー。構想10年、タイとラオスを一千里=約4000キロの距離を縦断し、オールロケで制作された「バンコクナイツ」。タイの首都バンコクにある日本人専門の歓楽街タニヤ通り、東北部イサーン地方、メコン川のほとりに位置する国境の街ノンカーイ、さらに国を越えてラオスの秘境まで、旅を続けながら映画を撮り、映画自体が旅となっていった。

参照:映画 潜行一千里 : 作品情報 - 映画.com

「映画 潜行一千里」の感想

面白かったです!

122分の作品でしたがもっと見ていたかったです。

役とかけ離れた振る舞いをする出演俳優を見るのが苦手で、映画などのメイキング映像は極力見たくないんですが、「映画 潜行一千里」は空族の映画の作り方によるものが大きいとは思いますが、この辺の違和感はなかったです。

1回目に見たときの「バンコクナイツ」でオザワと金城がばったり会うシーン、オザワの一連の行動が個人的には最高にぶちアガったシーンなんですが、「映画 潜行一千里」で金城を演じる川瀬陽太さんを見てから、オザワと金城のシーンを見ると金城にちょっと肩入れしてる自分がいて、1回目に見たときの金城に対しての感情と「映画 潜行一千里」を見てからの金城に対しての感情の変化がなんか面白かったです。

バンコクナイツのエンディングで流れるメイキング映像に主人公のラックを演じたスベンジャ・ポンコンさんのとあるシーンがずっと気になっていたんですが「映画 潜行一千里」では前後シーンが見れて、なるほどそういう経緯であのエンディングのあの映像になっているんだと分かりました。

タイやラオスの風景や音だったり、演者やスタッフが一丸となって「バンコクナイツ」を作っていく過程などが見れたり、他にも沢山の興味深いシーンや面白いシーンが見れて、あっという間の2時間でした。

最後に

明日の12月23日に新宿K's cinemaにてトークショーがあるみたいです。

 - タイニュース , ,